ホライゾンゼロドーン 狩りまくれ!ウルトラハードの機械獣攻略法 前編

Pocket

 ホライゾンのUltraHard(ウルトラハード)を生き抜く攻略記事、第3弾です。

 今回は機械獣の攻略の前編をお送りします。

 DLCの配信が11/7に決まったみたいだし、今のうちに新規勢も復帰勢も、本作の戦術をつかんでおこう!

 

 機械獣の攻略には、アーロイの師匠たるロスト先生も、ワンポイントアドバイスをくださいます。

ロスト
アーロイはワシが育てた

危険度は敵の戦闘力を総合した、個人的な5段階評価です。

 

ウォッチャー(赤眼のウォッチャー)

危険度:

 トカゲ型(?)の敵で、一番最初に遭遇する雑魚。

 主な攻撃方法は、体当たりと尻尾ビンタ。
 尻尾のほうが被ダメージが高い。

 眼から閃光を放つことはあるが、ダメージはないし少し画面が見づらくなる程度。

 赤眼タイプは通常型より耐久値が高く、眼球から赤い弾を射出してくる。

ロスト
難易度UHだと、一部のウォッチャーでも
弾丸を飛ばしてくる個体がいる。

注意しなさい。

 

 弱点は、頭部に相当する眼球のレンズ。

 UHの場合、低威力の狩人の矢では即死させられない点に注意。
(与ダメージは約4倍ほどか)

ロスト
それでも、眼球のレンズを狙う価値はある。
出来るなら、必中の矢で射抜きなさい。

 矢弾が惜しいなら、敵の近接攻撃を避けて槍強攻撃+槍弱攻撃1~2発で倒せる。

 この敵に限ったことではないが、攻撃の際には必ず独特の音をたてるのを覚えておこう。

 

 単なる雑魚ではあるが、コイツが本領を発揮するのは「お供」として出現した時。

 強力な矢でも、装甲に当たってしまうと一撃で始末できない。

 なので、ダメージを強化したブラストスリング(衝撃の爆弾)などを用意しておくと、特に狙いを定めることなく一撃で葬れるので便利。

ロスト
集団を相手にするなら、まずは頭数を減らしなさい。
ウォッチャーをのさばらせていると危険だぞ。

 

 

スクラッパー

弱点:雷(動力源)
危険度:★★

 ハイエナ的な肉食系機械獣。機械の残骸を漁る習性がある。

 近接攻撃も得意だが、遠距離からの連射とレーザーが最も注意すべき攻撃。

ロスト
遠距離攻撃は強烈だ。
多段ヒットだけは絶対に避けなさい。

 

 最も確実なのは、雷で麻痺させて、尾部にあたる動力炉に雷の矢を撃ち込むこと。

 撃って数秒後、広範囲に及ぶ電撃攻撃が発生する(一回のみ)

 複数のスクラッパーがいても、一度の電撃で別の個体を巻き込んで、そいつが麻痺している間に(ry
その繰り返しで一網打尽にできることもある。

 もしくは、必中の矢TSで胴体上部のレーダーを撃ち抜いて大ダメージ(即死)を狙うとよい。

ロスト
高難易度だと遭遇する機会も多い。
雷の矢を使える「戦弓」を所持しておくことを薦める。

 

ストライダー、ブロードヘッド、チャージャー

危険度:★~★★
画像はブロードヘッド

 いずれも牛に近い姿の機械獣。
 基本的な性質は全種同様だが、ストライダーが最も弱く、チャージャーが最も強い。

ロスト
本編冒頭で「人を見たら逃げる」といったな。
あれは嘘だ

 難易度UHでは凶暴化しており、積極的に攻撃を仕掛けてくる。

 主な攻撃は、遠距離からの突進と、近距離での後ろ足暴れ。
 視界の外から突進してくる際には、画面に警告マークが表示される。

 

 尻辺りにブレイズはあるが、別の装甲でカバーしており、炎の矢だけでは着火させられない。

 顔面と角が弱点になっているので、そこを撃ってダメージを稼ぐのが最も安定。

ロスト
ブレイズ狙いは効率が悪い。
たとえ着火させられたとしても、
接近してくるから爆発に巻き込まれやすくなってしまうぞ。

 

グレイザー

危険度:

 鹿型の機械獣。草食系だが、UHでは凶暴化。
 ブレイズやワイヤーをドロップする手ごろな相手。

 ストライダーよりも攻撃が単調で、突進攻撃がメイン。

 オススメの撃破法は、気付かれてない状態で、炎の矢でブレイズに着火させて爆破すること。

 ブレイズの取得量はひとつ減るが、非常に容易く倒せるうえに、経験値にも若干ボーナスがつく。

ロスト
群れを見つけたら静かに近づいて、
複数のグレイザーに着火させなさい。
一網打尽にすることも可能だ。

 

ソウトゥース、ラヴェジャー

弱点:
危険度:★★~★★★
画像左がソウトゥース、右がラヴェジャー

 虎を思わせる外見の、凶暴な機械獣。
 クラスとしては中型に属し、高い耐久値と攻撃力を有している。

 近接の攻撃しか仕掛けてこないが、発生速度の違うモーションみっつを使い分けてくる。

 

 最も確実な対処法は、炎の矢等で炎上させ続け、燃え尽きるまで攻撃を避けること。

 草の茂みや遮蔽物に身を隠し、敵の攻撃モードを解除しながら炎上させるとより安全。

 序盤では即死級の攻撃力を有するため、細心の注意を払って交戦すべし。

 

 ラヴェジャーも対処法はソウトゥースと同じ。

 こちらのほうが、耐久値的には少し低い、かもしれない。

 遠距離攻撃を有するため、ソウトゥースよりも危険な相手だが、遮蔽物があると被弾率も低下させられる。

ロスト
滅多に行使してはこないが、
広範囲の電撃攻撃を放つこともあるぞ。

 安全を期すなら、長弓(爆裂の矢)で砲台を破砕してしまおう。
(砲台がなければ唯のソウトゥースになる)

ロスト
・・・・・・
実を言うと、炎上させるより氷結させたほうが
短時間で倒せたりするぞ。

 ただし、遠距離攻撃のできるラジェジャーが複数いる場合は、炎上させて逃げ回るほうが有効な場合もある。

 

 

シェルウォーカー

耐性:
危険度:★★

 ヤドカリに近い外見をした機械獣。

 序盤から登場する割に少々複雑な相手で、部位の状態に応じて攻撃手段が変化する。

 まずは左手。主にシールドを展開する。
 シールド自体に攻撃を加えることで、一時的に展開不可にすることができる。
 近距離では、左手を使ったステップ攻撃を仕掛けてくる。

ロスト
左手を破壊すれば、厄介なシールドを使えなくできるぞ。

 右手。主に電撃の弾を飛ばしてくる。
 弓なりの軌道をした弾と、弾速こそ遅いが追尾性のある球を使い分けてくる。
 また、近距離では左手同様にステップ攻撃を仕掛けてくるが、最大3回連続で行う点に注意。

ロスト
右手を破壊すれば、遠距離から弾は飛ばせなくできるぞ。

 両腕が破壊された状態では、近距離での範囲攻撃しかやることがなくなる。

 

 オススメの撃破手順は、先ず氷の爆弾で氷結させる。

 氷結した直後にシールドが消え、少し怯みモーションが入るので、その隙に左手を破壊。

 以後は氷結している間に、与ダメージの高い右手を潰し、胴体に攻撃して撃破するといい。

 

ロスト
ここからは、シェルウォーカーに関する
ちょっとした小話だ。

 背中にあるコンテナは、本体にダメージは無いし破壊しても何も変わらない。

 ホルダーを破壊することで、コンテナのアイテムを取得できるようになる。

 なお、コンテナを落としたシェルウォーカーは、右手でコンテナを回収しようとする。

 そうすると、右手でコンテナを持ち続けるため、右手を使う攻撃をしなくなる。

ロスト
コンテナの中身は、
シャード50弱、
ストライダーのレンズ3、
機械のコア(中)&鉄容器15、
などを確認しているぞ。

 ちなみに、右手を破壊しないまま倒すと、コンテナは爆散してしまい、アイテムは拾えなくなる。

 

ランスホーン

弱点:氷(キャニスター)
危険度:★★

 ガゼルに近い草食系の機械獣。こいつもUHでは凶暴化している。

 グレイザー同様、基本的には突進攻撃がメイン。

 ジャンプから地面に角を突き刺す攻撃を仕掛けてくることがある。避ければ硬直で大きな隙を晒す。

 フリーズキャニスターを氷の矢で攻撃すると、
 角か眼球を狙ってダメージを与えるのがいい。

ロスト
行動はグレイザーによく似ている。
注意は必要だが、強敵ではない。

 

ロングレッグ

弱点:
危険度:★★

 ダチョウ型の機械獣。素早さこそないが、遠近問わず様々な攻撃方法をもつ。

 跳躍を伴う前脚攻撃、周囲を吹き飛ばす範囲攻撃、羽から正面へ熱風を飛ばす遠距離攻撃。

ロスト
無色の衝撃波はダメージこそないが、
喰らうと弓構えが中断させられるなど、
こちらの行動が制止させられるぞ。

 対処法はスクラッパーに近く、後部の点火装置を雷の矢で撃ち抜くと、電撃の範囲攻撃を引き起こす。

 点火装置はふたつあるので、それによって麻痺したところにもう一発お見舞いしてやれば、致命的な大ダメージを与えられる。

 また、正面のコンカッションサックを破砕すれば、周囲に衝撃波を放ち、ダメージを与えつつ気絶させられる。

ロスト
凶暴な性格だが、意外なほど弱点は多い。
敵を巻き込むのに利用できるぞ。

 

グリントホーク

弱点:炎  耐性:
危険度:★★★

 ハゲワシのような、鳥類に属する機械獣。
 スクラッパー同様、機械の残骸を漁る習性をもつ。

 飛行頻度が高く、探敵の視野も広いため、プレイヤーを捕捉してきやすい。

 攻撃方法は、遠距離からの冷気飛ばしをメインに、かぎ爪を使った突進攻撃と、高高度から行う冷気の空爆。

 行動範囲が広いので見失いやすく、死角から冷気を飛ばしてくるので、耐性薬(冷気)を使用しておくと被ダメージを軽減できる。

 倒す際は、炎の矢TSで炎上させるのが手っ取り早い。

ロスト
存在を確認したら、警戒マークに注意しろ。
いっそのこと、耐性薬を飲んで放置するのも手だ。

 

スナップモウ

弱点:炎  耐性:
危険度:★★

 ワニ型の機械獣。ほぼ全てが河や池といった水場を棲息地としている。

 飛行型の敵以外で、唯一水場を渡って追跡してくるのが特徴。

 近距離では、大顎による飛びかかりや、尻尾による攻撃を行い、遠距離になると口から冷気を飛ばしてくる。

ロスト
冷気の精度は低い。悪い意味でな。
発射を見て避けるのではなく、
弾道を見てから回避するんだ。

 

 背中にブレイズはあるが、カバーが施されているため、直接胴体を燃やすのが効果的。

 また、下顎にも弱点があり、ここを破壊すると周囲に冷気を撒き散らす上、冷気による遠距離攻撃を無力化させられる。

 最も確実な対処法は、耐性薬(冷気)を飲んで遠距離から炎の矢TSで燃やしつくすこと。

ロスト
接近させるよりは、遠距離で地道に燃やしたほうが安全だ。

 

感想

 数が多いので、とりあえず前編はここで終了。

 序盤の敵をまとめましたが、やはり「弱点の属性を突くこと」が有効打となります。

 あと「装甲に当てない」というのも短期決戦において重要です。

 それだけに、武器は早めに強力なものを購入しておくと便利です。
(武器に関しては、関連記事からどうぞ!)

 また、ゲームを始めたての初心者の場合、先ずは難易度NORMALなどで敵の挙動を把握しておくことをお奨めします。

 後編は、より強敵となる機械獣の攻略を記載します。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です